モックアップ-ゼロホーム

『100年住宅のゼロホーム』のキャッチコピーでお馴染みのゼロ・コーポレーション様。低価格で高品質の、100年住める家を提供されています。展示場への集客手段としてWebを活用したいとのご相談を受け、今回のサービス導入に至りました。


URL

https://zerohome.jp/chumon/lineup/highspec/

エリア 大阪府守口市、他
業種 注文住宅
CL ゼロホーム守口展示場様

会社紹介と導入経緯

100年住宅のゼロホーム』のキャッチコピーでお馴染みのゼロ・コーポレーション様。低価格で高品質の、100年住める家を提供されています。展示場への集客手段としてWebを活用したいとのご相談を受け、今回のサービス導入に至りました。

実施内容

LP制作とInstagramの運用代行を実施中。Instagramの投稿に対する反応を見ながら最適なキーワードを分析し、LPWeb広告にも反映しながらより大きな成果を得られる環境構築に努めています。

ご担当者様

導入後の成果と担当者様の声

LPInstagram、当社で運用しているWeb広告を組み合わせて毎月10件前後の資料請求や来場予約をいただくようになりました。定例会ではこれらの成果を具体的な数値とともにご報告いただけるため、私たちのモチベーションも上がっています。

施策実施の成果

資料請求

来場予約数アップ

ゼロホーム様

お客様インタビュー INTERVIEW

ゼロホーム守口展示場 株式会社ゼロ・コーポレーション 市橋様・馬場様
 ×
弊社営業担当 田中

  • ゼロホーム様

    ◆関西ぱどのサービス導入を検討したきっかけは?

    当社のInstagramアカウント『ゼロホーム𝙳𝙴𝚂𝙸𝙶𝙽』では、私たちが手掛けた注文住宅の紹介や、大阪と京都、兵庫の各所にある展示場の宣伝を行っています。

    本業の片手間で、かつ担当者がひとりで運用していたため、積極的に発信したい気持ちとは裏腹に投稿頻度は安定せず、常にネタ不足なのが課題でした。

     

    同じ頃、高性能住宅の新しい商品をアピールするためにLPの制作も検討することになりました。そこで関西ぱどさんに相談したのが始まりです。

  • ゼロホーム様

    ◆関西ぱどを選んでいただいた決め手は?

    今回は複数のホームページ制作会社を比較した上で関西ぱどさんを選びました。決め手になったのは人柄の良さで、営業担当の田中さんと初めてお会いしたときに「この人なら一緒に悩んでがんばってくれそうだな」と強く感じたからです。

     

    ご相談の末、LP制作とInstagramの運用代行を依頼することになりました。Instagramは投稿する記事に合う動画や写真などの素材をこちらで用意し、以降の投稿作業は関西ぱどさんに一式お任せしている形です。

    運用担当の柴田さんとは日頃のやり取りもいい意味で上下関係を感じないというか、対等な関係で一緒に切磋琢磨しながらいいものを生み出せる、理想的な関係になれていると感じています。

  • ゼロホーム様 打合せ

    ◆担当のサポート対応はいかがでしょうか?

    毎月の定例会ではInstagram運用の分析結果やWeb広告の成果報告、改善提案をいただき、次月のInstagramに投稿する記事内容やテーマの検討も行っています。

     

    以前はどうしても本業優先で、Instagramの投稿は後回しになっていました。いまは関西ぱどさんが「素材はいつ頃いただけそうですか?」とこまめに連絡をくださるので、コンスタントにInstagramを更新できています。

     

    関西ぱどさんのご提案はハードルがそこまで高くないのも助かっているポイントです。たとえばInstagramの投稿に使う素材は、いま当社にある動画や写真の中から選んで「こんな投稿をしてみましょうか」と提案してくださるんです。

    「バズらせたいので、こんなすごい動画を作ってください!」と言われるようなことはなく、本業の片手間で無理なく対応できるのはありがたいですね。

     

    いまはInstagramの運用に関わる実務全般をサポートいただいています。契約時はInstagramの投稿作業だけ代行してもらうものと思っていましたが、ほかにも記事の内容に合わせて最適な投稿スケジュールをご提案いただいたり、ユーザーが飽きない記事づくりのアドバイスくださったり。

    Instagramの機能に関しても質問すれば答えてくださるので、運用代行の域を出ていろいろな場面で助けていただいています。

  • ゼロホーム様

    ◆これまでの集客で大変だったことは?

    Instagramを始める前は新聞の折込チラシをメインの集客ツールとして使っていました。折込チラシにも強みはありますが、万人に広く情報を届けるのはWebのほうが強いと思ったのがInstagramを始めたきっかけだったんです。

    しかし、なかなか集客につながらなかったのは冒頭に話したとおりで…。

     

    それが関西ぱどさんに運用をお願いしてからは「Instagramを見て来ました」と展示場へ来られるお客様が増えました。

    お客様をお見送りする際、「Instagramをやっているのでよければフォローをお願いします」とお声掛けすると「もうフォローしてます」と言ってくださるケースもけっこう多いです。

  • ゼロホーム様

    ◆サービス導入後の反響はいかかでしょうか?

    まず、Instagramフォロワー数の増加スピードが25倍くらいになりました。

    しかも以前はまずこちらから同業他社のアカウントをフォローし、相互フォロワーになっていただく形で地道に増やしていたんです。いまはそういう工夫をせずとも純粋にコンテンツに興味を持った方がフォローしてもらえるようになり、うれしいかぎりです。

     

    とはいえ、LPにしてもInstagramの投稿内容にしても、現在の形になるまでにいろいろと無理を言いました。

    こちらは「こんなデザインにしたい」「あんな情報を載せたい」とざっくばらんに要望を伝えるばかりで、関西ぱどさんはまとめるのに苦労されたと思います。それでも根気よくお付き合いくださり、スピーディに修正しながらいまの形にまとめてくださった関西ぱどさんには感謝しかありません。

     

    ゆくゆくはYouTubeで発信も始めたいなと思っています。そのときはお知恵を貸してください。

    関西ぱどさんはオンラインにもオフラインにも強く包括的にサポートできる知見をお持ちなので、今後はイベントをする際の集客に関しても協力してもらいたいなと思っています。

  • ゼロホーム様

    ◆今後の関西ぱどへ期待していただくことは?

    関西ぱどさんは、Web広告が始まる前の、紙媒体時代の広告やマーケティングの知識も豊富にお持ちです。30年の歴史で培ってこられた知見とノウハウをもとに『しっかりと成果が出るもの』を作れるのが大きな強みだと感じています。

     

    また、関西ぱどさんは地域に強く、ご提案の際にも「一般的には」という切り口ではなく「守口市のこのあたりの地域では、こういう情報の需要が高いですよ」といった話し方をされるんです。

    大阪を中心に関西圏の知識を広くお持ちなので、説得力があります。

     

    InstagramをはじめSNSの課題を解決したい、ホームページのリニューアルを検討したいという企業の方は、まずは「プロに相談する」という形で一歩踏み出してみてください。関西ぱどさんは必ず力になってくれます。

    田中さんはご自身のことを『よろず屋』とおっしゃいますが、本当になんでも応えてくださる心強い存在です。これからもよき相談先として近くにいてくださいね。

POINT ページ毎の制作ポイント

  • メインビジュアル(動画)

    メイン画像

    メインビジュアルはゼロホーム様での快適で豊かな暮らしが伝わるように、イメージムービーをご提案しました。ゼロホーム様の暮らしのイメージがより伝わるように、弊社で発行している子育て層向け情報誌「まみたん」の読者モデルを活用したり、高性能な住宅づくりをより理解してもらえる説明を入れるなど、撮影から編集まですべて弊社で行いました。

  • 商品ラインナップ BASE3

    BASE3紹介

    コンセプトワークで競合他社のウリや打ち出し方を研究し、ゼロホーム様のBASE3商品をどのように表現すれば、他社よりも分かりやすくユーザーから評価してもらえるかを考えて商品ラインナップのコンテンツを作成しました。

  • お客様の声

    お客様の声

    コンセプトワークで導き出した強みを、更に説得力を高めるために「お客様の声」のコンテンツを用意しました。LPのヒートマップ分析で見てもこのエリアは非常によく見られております。

  • インスタグラム

    InstagramTOP

    2022年5月からInstagramの運用代行をおまかせいただいております。嬉しいことに、約1年半でにフォロワーは2,700人を超えました。

    現在は、週3回(月12回)「施工事例」「間取り紹介」「ルームツアー」「カテゴリ特集」などのテーマを軸にしながら、ゼロホーム様の魅力をより広く、より多くの人に伝えるためのチャレンジを続けています。

    ゼロホーム様は多数の施工実績をお持ちで、特に狭小住宅がお得意です。カバー画像に「坪数」「間口の広さ」をあえて大きく記載した投稿や、スタッフ様みずから撮影してくださる狭小地モデルハウスのルームツアー動画など、いわゆる「バズり投稿」もいくつか生まれました。

    Instagramは日々流行が変わるめまぐるしい世界ですが、常にアンテナを張りながら最新の情報を取り込み、これからもサポートさせていただければと思っています。


担当:営業・ディレクション

コンセプトワークや毎月のInstagramの定例会を通じて、ゼロホーム様の強みがどんどん浮き彫りになり、InstagramのコンテンツやLPの内容などに活かせたことが成果に繋がった大きな要因かなと思っております。弊社は伴走型で一緒にアカウントやホームぺージを成長させていくことを得意としておりますので、引き続き定例会を通じて成果に繋がるよう貢献していきたいと思います。

担当:デザイン

施工事例や表組が見やすくなるよう、白を基調としたシンプルなデザインにしました。 数字や機能説明が多いので、堅苦しく感じないよう手書き風英語文字やアイコン、キャラクター(ゼロ氏)を用いています。 またLPということもあり、さっと目を通しても内容が頭に残りやすいよう、見出しやキャッチコピーを大きめにしました。

担当:コーディング・構築

TOPに30秒程の長めの動画を設定しています。 きれいに見せながらもサイトが重くならないように何度もテストしてサイズ調整をしました。 スライドを使い、施工事例や写真をたくさん見せれるようにしています。 Googleマップの機能を使い、住宅展示場を一覧で表示させ、クリックでそれぞれの基本情報も見られるようになっています。


PICK UP その他制作事例