Googleマイビジネスの4つの活用方法|投稿方法から注意点まで

2019/09/17
スマホ女性

飲食店や専門店など、店舗経営にとって欠かせないサービスが「Googleマイビジネス」です。

Googleマイビジネスは、企業や店舗の基本情報などのビジネス情報を管理できるツールで、Web集客に大きな効果を発揮します。

 

しかし、ITが苦手な経営者の中には、Googleマイビジネスを活用していない方も多くいるでしょう。

そこで今回は、Googleマイビジネスを利用したことがない経営者のために、使い方や活用事例、注意点を解説します。

 

 

目次

 

1. 集客に最適な「Googleマイビジネス」とは?

 

2. Googleマイビジネスの投稿方法について

 

3. 「Googleマイビジネス」の4つの活用方法

3-1. 毎週1回以上投稿して知名度を上げる

3-2. イベント情報を掲載してキャンペーン期間を知らせる

3-3. クーポンコードを設定して集客効果を上げる

3-4. 写真・動画を掲載して商品をイメージしやすくする

 

4. Googleマイビジネスを利用する際の注意点

 

まとめ

 

 

1. 集客に最適な「Googleマイビジネス」とは?

 

インターネットユーザーが知りたい情報を調べる際には、検索エンジンを利用します。

検索エンジンの中で、日本でのシェア率が70%以上を誇るWebサイトがGoogleです。

 

Googleマップを利用すると、お店の場所・営業時間・電話番号・口コミなど、店舗の情報を調べられます。

このようなビジネス情報を管理できるツールが、Googleマイビジネスです。

Googleマイビジネスは、リスティング広告やディスプレイ広告などと違い、無料で利用できます。

 

Googleマイビジネスを利用すると、新規顧客の集客や自社ホームページ誘導に大きな効果が期待できます。

Googleマイビジネスの主な特徴は、以下の通りです。

 

・最新かつ正確なビジネス情報を表示できる

・ユーザーが写真や口コミを投稿できる

・投稿機能により集客を促進できる

 

Googleマップでビジネス情報が表示されても、情報が正確でなければ意味がありません。

Googleマイビジネスを利用すれば、オンラインに公開する情報をいつでも正しい内容に更新できます。

 

また、検索者がお店を選ぶ際、参考にする情報が写真や口コミです。

Googleマイビジネスを利用すれば、写真の投稿や口コミに返信できます。

さらに、Googleマイビジネスの投稿機能を利用すれば、店舗側から伝えたい情報を表示させることが可能です。

 

 

2. Googleマイビジネスの投稿方法について

 

Googleマイビジネスの投稿機能では、イベント情報の発信や割引クーポンの配布など、様々なイベント情報を発信できます。

ただし、Googleマイビジネスで投稿をする際には、いくつかの注意点があります。

 

投稿機能を利用する際は、下記内容について注意してください。

 

・投稿の表示期間が決まっている

・不適切な投稿は削除される可能性がある

・投稿機能を利用できない業種がある

 

Google検索の結果上で、投稿が表示される期間は1週間です。

ただし、イベント投稿については、イベントが終了するまで表示されます。

 

投稿ポリシーに違反した投稿や、閲覧したユーザーが不適切と判断した投稿は、削除される可能性があるため、内容には注意が必要です。

また、現時点では、ホテルや旅館などの宿泊施設は投稿機能を利用できません。

もしも、投稿メニューが表示されない場合には、登録した業種を確認してみましょう。

 

続いて、Googleマイビジネスの具体的な投稿手順を紹介します。

 

①オーナー登録を済ませる

②ホーム画面のメニューから「投稿」を選ぶ

③添付する画像を設定する

④投稿する文章を入力する

⑤イベントの設定を行う

⑥ボタンの設定を行う

⑦プレビューで投稿の表示を確認する

⑧投稿を公開する

 

もしも、投稿した内容を修正したい場合には、後から編集や削除を行うことが可能です。

 

公開した投稿は、管理画面から表示回数と反応を確認できます。

表示回数はユーザーが投稿を閲覧した回数、反応は投稿がクリックされた回数を表したものです。

公開後はこれらの情報をもとに、投稿の効果を確認しておきましょう。

 

 

3. 「Googleマイビジネス」の4つの活用方法

 

Googleマイビジネスには様々な投稿機能があり、それらを活用することで、店舗の魅力をしっかりと検索ユーザーにアピールできます。

特に便利な機能が「カテゴリー」と「ボタン」設定です。

 

投稿のカテゴリー

設定できるボタン

・最新情報

・イベント

・クーポン

・製品

・予約

・オンライン注文

・購入

・詳細

・申し込み

・クーポンを入手

・今すぐ電話

計4種類

計7種類

 

これらの投稿機能を内容に併せて、適切に設定することで、検索ユーザーの目に留まりやすく、効率的に集客することが可能です。

ここからは、集客に繋がるGoogleマイビジネスの効果的な活用方法を4つ紹介します。

 

 

3-1. 毎週1回以上投稿して知名度を上げる

 

ブログ記事のように日々の店舗情報を伝えたい場合には、「最新情報」の投稿機能を利用します。

ローカル検索を行う周辺地域の見込み客に、最新情報を紹介する手段として適したカテゴリーです。

 

ただし、「最新情報」で投稿した情報は、1週間を過ぎると検索結果に表示されなくなります

よって、毎週1回以上投稿し、常に最新情報が表示されている状態を保ちましょう。

常に最新情報が表示されていると、検索流入による訪問者が増えて知名度アップを図れます。

 

 

3-2. イベント情報を掲載してキャンペーン期間を知らせる

 

セールや特別企画などの情報を伝えたい場合には、「イベント」の投稿機能を利用します。

イベント情報は最新情報と違い、イベントが終了するまで表示されます。

 

しかし、期間限定のイベントに関しては、ずっと先の情報を掲載しても消費者の興味を惹きません。

イベントの開催が迫ってから、情報を掲載しましょう。

 

イベント機能を利用して、店舗のお知らせや、イベント開催期間を事前に掲載すると、消費者にとって、予定を合わせやすくなるメリットがあります。

消費者の利便性を向上させることで、店舗の集客へと繋げましょう。

 

 

3-3. クーポンコードを設定して集客効果を上げる

 

店舗で使用できる割引券や、Webサイト限定のクーポンを発行したい場合には、「クーポン」の投稿機能を利用します。

クーポンには任意でクーポンコード、特定利用へのリンク、利用規約を入力できます。

 

例えば、クーポンコードを設定すると、消費者が簡単にクーポンを利用できます。

お店側にとっても利用者数のカウントが容易になるため、双方にメリットがあります。

 

他にも、雨の日限定のクーポンや一定額以上の買い物で割引されるクーポンを発行すると、消費者にお得感を与え、より効果的な集客に繋がります。

 

 

3-4. 写真・動画を掲載して商品をイメージしやすくする

 

店舗の一押し商品を検索ユーザーに伝えたい場合は、「製品」の投稿機能を利用します。

商品の情報には、写真・動画・名前・価格・詳細を入力することができます。

 

製品を投稿する際は、必ず写真か動画を添付しましょう。

テキストのみの紹介では、検索時に目立たず、ユーザーに気付いてもらえない可能性が高くなります。

 

写真をアップロードする際は、画像サイズの規定に注意しましょう。

アップロード画像のサイズは「300×225ピクセル」から「5,000×5,000ピクセル」の範囲内に収める必要があります。

 

 

4. Googleマイビジネスを利用する際の注意点

 

Googleマイビジネスを効率よく運営するためには、管理を怠たらないことが大切です。

特に以下のような状況が発生した場合は、管理者が迅速に対処する必要があります。

 

・隣接している道路の写真が、店舗の代表写真となった

・誹謗中傷の口コミが記入された

・実際は営業しているのに、閉業と表示された

 

Googleマイビジネスで表示される店舗の代表写真は、任意の写真を選べません。

管理されていない状態であれば、隣接している道路の写真が表示されることもあります。

このような状況を防ぐためには、オーナー自身が店舗の写真をアップロードすることが大切です。

オーナー確認された写真は優先度が高く設定されるため、代表写真として表示されやすくなります。

 

また、ユーザーが記入する口コミには常に気を配りましょう。

誹謗中傷の口コミを放置すると、見込み客を失う可能性があります。

根拠のない誹謗中傷の口コミは、Googleに連絡することで削除できます。

 

さらに、ユーザーによる閉店情報が寄せられると、実際は営業しているにもかかわらず、「閉業」と表示されてしまう可能性があります。

こまめにGoogleマイビジネスをチェックして、正しい情報に修正しましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、Googleマイビジネスの使い方や活用事例、注意点を解説しました。

Googleマイビジネスで、店舗の最新情報やお得なイベント、店舗の写真や口コミなどの情報を表示させ、検索ユーザーの目に留まる工夫をしましょう。

また、Googleマイビジネスは管理を怠ると、様々な問題が発生する可能性があるため、定期的にチェックして、最新の情報が表示された状態を保つことが大切です。

 

Googleマイビジネスの様々な機能を上手く活用することで、見込み客だけではなく、実際の顧客獲得にも大いに期待できるでしょう。

ネットが普及した現代社会では、店舗や会社にとって、インターネットの評判はとても重要です。

店舗を運営している方は、ぜひGoogleマイビジネスの導入を検討してみてはいかかでしょうか。

Contact Us
お気軽にお問合せください